• 03-5155-3422
  • WEB予約
03-5155-3422

日本全国、遠方からも治療に来ていただいております。

声帯ポリープ/声帯結節/日帰り手術/入院手術/吃音(どもり)
痙攣性発声障害/機能性発声障害/声帯麻痺(反回神経麻痺)
加齢による声の変化/発声法の矯正/声とことばのリハビリテーション

声の悩み全てに対応します。

他所で異常なしと言われた方も、お気軽にご相談ください。

English page is here

院長写真

当院は声の病気を
専門に扱うクリニックです。

声の使いすぎや風邪によるこえがれ、
声帯ポリープ、声帯結節
反回神経麻痺、機能性発声障害、吃音(どもり)、痙攣性発声障害
脳神経疾患による声と言葉の障害、
小さなお子様の言葉の発達まで、
あらゆる種類すべての声の悩みに対応しています。

院長写真

院長 渡嘉敷 亮二

他院で「異常なし」・「治療できない」と
言われた方もお気軽にご相談ください

English page

インフォメーションINFORMATION

休診情報、リハビリの空き状況、研究協力者募集などをお知らせします

院長挨拶GREETING

東京医大兼任教授 新宿ボイスクリニック院長 渡嘉敷 亮二

当院は声の病気を専門に扱うクリニックです。

 風邪や声帯ポリープによる声がれだけでなく、反回神経麻痺、機能性発声障害、
吃音(どもり)、脳神経疾患による発声障害、小さなお子さんの言葉の発達の治療など、
「あらゆる種類」の「すべての声の悩み」に対応しています。他院で「異常がない」あるいは「治療ができない」といわれた方でもぜひ一度ご相談ください。

東京医大兼任教授 新宿ボイスクリニック院長 渡嘉敷 亮二

渡嘉敷亮二
(とかしき りょうじ)
1990年 東京医科大学卒業
2001年 米国 Yale 大学 visiting assistant professor
2008 年 東京医科大学 耳鼻咽喉科 教授
2010年 新宿ボイスクリニック 開院

 院長である私、渡嘉敷亮二は2010年まで東京医科大学耳鼻咽喉科教授として診療と研究に従事しておりましたが、全国から来ていただく数多くの声に悩む患者様に、より真摯に対応し、かつ病気の研究に時間を注ぐため、あえて大学病院の職を辞し「ボイスクリニック」を開設いたしました。

 声の病気を専門とする施設は少なく、声の病気を診断できる医師がいない地域も少なくありません。また診断ができてもそれを治療できる技術がなかったり、リハビリ治療をおこなえる言語聴覚士がいなかったりということもあります。当院では「遠隔診療システムを用いて、スマートフォンや自宅のパソコンでお顔をみながら声のリハビリテーション治療を行うことができます。また2017年より「日帰り全身麻酔手術」を導入しこれまで以上に多くの音声外科手術を手がけることができるようになりました。
 みなさまのご来院をお待ちしています。

初診の方へFIRST VISIT

当院では混雑緩和のため
予約診療となっております。
お電話またはWeb予約システムから
ご予約ください

しばらくの間、吃音の新患受け入れを休止いたします。
再開の際はホームページにてお知らせいたします。誠に申し訳ございません。

  • ーWEB予約システムー

    WEB予約
  • ー電話予約ー

    電話予約

    受付時間 9:00~12:30/14:30~18:00(土曜は~16:30)

当院のスタッフは様々な症状でお悩みの患者さまのお声を聞いております。ぜひお気軽にお電話下さい。また、ご家族やご友人、代理の方のご予約も承っております。

当院は保険診療です。行った検査や処置によって窓口の会計が変わります。3割負担の患者さまは初診時の窓口負担額が5,000~7,000円ほどとなります。

問診表をダウンロードできます。印刷してご記入頂き、初診当日にお持ちいただきますと来院時に問診表を記入する手間が省けます。

問診票はこちら