イー・ボイスクリニック(声のケアと治療を考える会)

声を高くする手術(甲状軟骨形成術IV型) | 声を低くする手術 (甲状軟骨形成術III型) | のど仏(喉仏, のどぼとけ)切除術

声を低くする手術(甲状軟骨形成術III型)

声を低くする手術(甲状軟骨形成術III型)

自分の声が高くて困っている方は手術で声を低くすることが出来ます。声が高くなる原因は、先天的なもの、ホルモンバランスの障害、男性では変声の障害です。
これらの原因以外にも性同一性障害で女性が男性のような低い声に変えたい場合でも手術の適応があります。
  声を高くする手術のページで、声の高さを決めるものは声帯の「太さ、長さ、張力」だと説明しました。太くて長い声帯が低い声を出すことが出来ますが、声を高くする手術で説明したように声帯に直接さわる手術は推奨できません。また現実的には手術で声帯を太くすることはむつかしく、また長くしようとして引っ張ると声帯の緊張が増すため逆に声は高くなってしまいます。声を高くする場合と同様、声帯にはさわらず、声帯の緊張を緩めることで声を低くします。結果的に声帯は短く太くもなります。欠点は、高くする場合と同様音域が狭くなり歌がうたいにくくなることがあります。

なお、声を低くする手術は、その性質上「保険適応外の手術(自費診療)」となります。
**病気や事故などの理由で声が高くなった方は保険診療で施術可能です。
ページの先頭へ

 

 

 

CONTENTS